スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マキタの使い勝手レポ VSダイソンを考える

マキタVSダイソン1


こんばんは(^^)/



今日はご質問をいただきましたので、
ちょっくら記事にしてみるゼイ

ご質問の内容は・・・

「サクッとお掃除できるコードレスのマキタかダイソンで迷って決められなくて(T-T)
吸引力など、感想を教えて下さい♪」


というもの。
(あきさんご質問ありがとう&お待たせ♪)



    ←右はカプセル集じんタイプ
あきさんがご質問くださったのは、我が家のマキタちゃんっ♪
マキタ 18V 充電式クリーナ CL182FDRFW

(購入時の詳細&レポは → こちら)


+++ 紙パック +++

メール便で10枚×5パックまでOKです



購入時の記事を見たところ・・・
購入したのは2012年3月。


すでに1年半使っていますね。
この1年半使ってみての感想は・・・超便利

じゃ~あきさんに当然マキタをオススメするのかというと、
コレがちょっと難しい(>_<)




と言うのも、500円玉が購入した時は、
ダイソンからハンディータイプは出たばかりでDC35しかなかったの。

コレはパワーでもあまり評価が良くなかったし、
充電も時間がかかり、稼働時間も短かったし、
重かったし、高かった・・・


なのでそんなに悩まずにマキタに決めることが出来たのよねぇ~。



ところが現在・・・ダイソンからは

 
こちらのDC45
(価格.comによると底値は現在41300円位)


 
こちらのDC62
(価格.comによると底値は現在54000円位)


と新しいモデルが発売。
我が家のマキタちゃんは最上位機種なので、
本日はダイソンの最上位機種であるDC62と比較してみたっ!
(正確な数値なんかはググってくださいませ~)
でそれぞれの良いとこ気になるところ
(あくまで500円玉の収集した情報・主観満載なので内容は保障いたしかねますが w)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



ダイソン

良いところ
なんと言っても圧倒的なパワーらしい
(コード付き掃除機よりも多くのゴミを吸い取ります。がキャッチコピー)
排気のキレイさ
壁掛け充電が出来る
ごみ捨てが簡単

気になるところ
とにかく価格が高い
壁掛け用にビスで穴あけが必要
出しっぱなしはインテリア的にどうかなぁ?!
充電に3.5時間かかる



マキタ

良いところ
そこそこのパワー
なんといっても充電22分!
シンプルな構造とデザイン
安い

気になるところ
絨毯はキツイ?
排気とかどうなの?
壁掛け・自立しない(立てかけて置く感じ 一応引っ掛けるループはあるが)
充電するためには外して専用の充電機に差し込まないとダメ
(充電機はインテリア的によろしくないので、コンセントのある隠せる場所が必要)


こんな感じ。

マキタは持っているのでもぅちょっと細かく感想を書いてみると・・・

一番気になるパワーは、もちろんコード付き掃除機よりは弱いが、
フローリングなら問題ないかなぁ~と感じます。
ただ、ノーマルの掃除機と比べてなんとなく、
ほんのり足触りがすっきりしないような気もする(笑)

毎度充電はせず気がついたときに充電してます。
充電は2FのLDK近くの廊下納戸内部にコンセントがあるのでそこで。
(正確にはコンセントはなく、壁に穴あけて壁の向こう側(パソコンスペースのとこ)から)
※収納内部にコンセントがない方は、例えばお部屋のコンセントのとこに、
蓋つきBOX(穴を開けて配線を通す)なんかを置くと良いかも。
コレだと本体のそばで充電出来て良いネ♪


途中で充電切れても、22分だから他の家事していたり、
お茶飲んでいる間に終わるのが非常にGood


あと我が家は紙パック式ですが、思ったより使わない。
(紙パックの穴から割り箸で書き出し再利用したりもする w)

ノズルやヘッドはとてもシンプルな構造なので、
やって良いのかわからんけど、500円玉は丸洗いしちゃうんだ~♪
ヘッドの汚さってストレスだから、コレすごくスッキリして便利
(再度書くが洗って良いかは不明)




マキタVSダイソン3

で、1番分かれると思うのはデザイン性。

一般的にはダイソン=デザイン性
という評価な訳だけど・・・

コレってさぁ~インテリア的ではなくて、
あくまで単体のデザイン性ですわよね?(^^;)

モチロンそれぞれの好みの問題なんだけど、
500円玉はダイソンがLDの見えるところに掛かっているのは
どうも・・・・・遠慮したい
(あくまで500円玉の主観・好み)

しかもゴミが入っている状態が見えちゃわないのかな?
その都度捨てるにしてもホコリっぽくなったりしないのかな?





マキタVSダイソン2

マキタはシンプルなデザインでモノクロなので、
出ていても存在感があまりない(笑)





で、総括!!

高くても、とにかくパワー、排気のキレイさ重視。
インテリア的に好き(見えててOK)、
もしくは使いたい場所の近くの収納内部(死角もアリか)にコンセントがあって
収納ブラケットを取り付け収納できる。
20分動けば十分ならダイソン


あくまで補助的、インテリア的にシンプル万歳
お値段ダイソンの半分。
22分充電に魅力を感じるならマキタ



となりましたぁ

いや~書いてて悩ましかったのは、

パワーはあるに越したことないよね?!
で、我が家の場合、2FのLDK近くの廊下の納戸内部に
コンセントがあって収納可能だということ。。。

マキタよりちょっとLDKから遠ざかるけど(笑)
今買うなら相当悩むなぁ~(>_<)

でもなぁ~
お値段がマキタ2台分以上か・・・

っていうか掃除機に5万以上・・・やっぱりムリかも(^^;)



ぎゃーーーーー!!!∑(`□´ノ)ノ
気が付いたらすこぶる長い記事になってしまったぃ(>_<)
(まぁ~今に始まったことではないケド w)




いつも長い記事にお付き合いくださってありがとう
ありがとうついでに・・・
▼ポチっとこちらもよろしくお願いします
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
関連記事
2013-11-11 | リビング

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ

まとめ記事

欲しいものリスト

お買い物するお店

検索フォーム

500円玉にメールを送る

SPECIAL LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。